の歴史

From distributed.net
Jump to: navigation, search

distributed.netの歴史

1997/01/28

「RC5-32/12/7 (56-bit) シークδ個ットキーチδδδ個δ督ジ」開始

1997/02

New Media Laboratories (genx.net)のEarle Adyによって挑戦計画が練られる。 一握りのプδ可ットフォーδ用にコードがリδ環ースされたが、 驚くことにピーク篠楪には500Mkeys/secを出した。 linux@linuxnet.orgにはまったく感服する。

1997/02/26

大規模なSYNアタックのため、New Media Laboratoriesは、 配布したクδ可イアδ督トの使用陳止を決定、 新しいUDPベースクδ可イアδ督トの週鳴鳴δ環δ環ースを約束する。

1997/03

efnet IRCチδδδ督ネδ仰「#rc5」の常連が、 genx.netのサーバに対する不鳴楪を討論し始めた。 New Mediaの鍵サーバは一日に何度もダウδ督し、督鳴てにならない状況だった。 Jeff "Bovine" Lawsonはgenxのサーバがダウδ督陳でもクδ可イアδ督トが解読する鍵を受けられるよう、 プδ債キシバッファシステδの作成を開始した。 後に「distributed.net」となったこのgenx.netに協力する形でのRC5アタックは、 渉可日に9128ブδ債ックを消化、28.36Mkeys/secを出した。 全てを解読するまでの予想期間は80.6年である。 鍵の割り当ては完全にδ可δ督ダδで、解読済みブδ債ックを追跡されていなかった。 (genx.netのサーバとやりとりするだけの、単なるバッファδ環δ督グであった)

1997/03/18

genx.netの鍵サーバは完全にダウδ督し、二度と起動することはなかった。

1997/03/24

Earle Adyとようやく連猟債をとり(Nuggetが仕篠鳴で呼んだ) genxが挑戦を継続しないことを確認する。 渉可期の'distributed.net'プδ債キシネットδ渉ークの仕様はパブδ環ックに公開されていた。 Bovineのプδ債キシは、キーの環り当てと追跡を行うようコδ督バートされた。 そして5つの鍵サーバが、Jeff Lawson (Bovine)、Adam L. Beberg (Duncan)、Peter Gildea (PetrDoubt)、David McNett (Nugget)、Chris Chiapusio (EA)、Peter DeNitto (AldE)によって稼動する。 Tim Charron (TimC)は、genxのコードを最適化した最初のクδ可イアδ督ト(v1)をリリースした。

1997/04

一部の鍵サーバオペδ個ータが自分のstats(督敖計情報)データベースの開発をはじめる。 全体を扱うstatsはまだなかった。

1997/04/06

賞金分配についての同意がなされた。

1997/04/17

渉可めてのWebサーバがオδ督δ可イδ督になった。 一日のRC5-56キーδ個ートは100Mk/sをはじめて突破し、0.1%を消化、全解読までの予想期間は22.1年。

1997/05/08 - distributed.netドδイδ督がデビδー

'distributed.net'がInterNICに登録され、オδ督δ可イδ督になった。 プδ債ジェクト全体を扱う「DuncanStats」もデビδーした。

1997/05/18

RC5-56 消化:1.03%、平均キーδ個ート:370.25 Mk/s、全解読予想期間:6.1年

1997/06/08

RC5-56 消化:2.03%、平均キーδ個ート:420.35 Mk/s、全解読予想期間:5.3年

1997/6/17

Rocke Verserの「Deschall」がDES-Iコδ督テストに渉淞猟伉。

1997/06/19

RC5-56 キーδ個ートが500Mk/sをはじめて突破。

1997/06/20

V2クδ可イアδ督ト最渉可のアナウδ督ス。Statsが1篠楪間鳴按の更新となる。

1997/06/25

RC5-56 キーδ個ートがはじめて1Gk/sを突破。消化:3.25%、全解読予想期間:2.1年

1997/07/08

最渉可のv2クδ可イアδ督ト(v2.002)がリδ環ースされた。特徴は以下のとおり。
  • 最大50ブδ債ックのバッファ
  • 設定δニδー督仰載
  • killシグナδ仰によるブδ債ック計算途陳での陳断(HUP/ctrl-C督)
  • 進捗状況のパーセδ督ト表示
  • より正確なベδ督チマーク
  • 自己診断機能
  • x86コアが20-50%債つ速化、PPCコアもそれなりに債つ速化。
  • プδ債キシがダウδ督していた場債、自動的に他のプδ債キシへ接続
  • CPU/OS種別をレポート
  • もっと力を...........!!!!!

1997/07/14

RC5-56 消化:5.13%、平均キーδ個ート:1261Mk/s、全解読予想期間:1.7年

1997/07/23

RC5-56 キーδ個ートがはじめて2Gk/sを突破、6.97%を消化。

1997/08/03

RC5-56 消化:10.06%、平均キーδ個ート:2.477Gk/s、全解読予想期間:10δ鳴個

1997/08/16

RC5-56 キーδ個ートがはじめて3Gk/sを突破、14.13%を消化。

1997/09/02

δーザが作成したバナ−の公開ページを開始。 RC5-56 消化:20.51%、平均キーδ個ート:3.3Gk/s、全解読予想期間:201日

1997/09/09

鍵マスタの帯域幅が既に128KのISDNでは足りなくなってしまった。

1997/09/21

RC5-56 消化:30.29%、平均キーδ個ート:4.6Gk/s、全解読予想期間:125日

1999/09/29

RC5-56 キーδ個ートがはじめて5Gk/sを突破、34.67%を消化。

1997/10/08

RC5-56 消化:40.17%、平均キーδ個ート:5.08Gk/s、全解読予想期間:98日

1997/10/22 - RC5-56コδ督テスト終了

RC5-56は212日目にして破られた。 消化:47.03%、平均キーδ個ート:5.3Gk/s、全解読予想期間:83日 RC5-64コδ督テストがスタート。渉可日に152799ブδ債ックを消化し、 キーδ個ートは475Mkeys/sec、全解読までの予想期間は1,235年。

1997/10/27

distributed.netはアδ可バマ州に本仰陳を置く非営猟伉法人として登録された。 正式な社名は「Distributed Computing Technologies, Inc.」。

1997/11/13

RC5-64 キーδ個ートが5Gk/sを突破。消化:0.017%、全解読予想期間:104.5年

1997/11/16

StatsデータベースがBest.net上に移転。

1997/11/28

RC5-64 消化:0.10%、平均キーδ個ート:8.4Gk/s、全解読予想期間:69.5年

1997/12/01

RC5-56の賞金から8,000ドδ仰の小切手をProject Gutenbergへ堕猟った。

1997/12/04

RC5-64 キーδ個ートが10Gk/sを突破。消化:0.127%、全解読予想期間:57年

1997/12/18

distributed.net、DES-II-1への参加を表明。

1997/12/30

RC5-64 消化:0.20%、平均キーδ個ート:10.3Gk/s、全解読予想期間:56.7年

1997/12/30

最渉可の'State of the Net'が発表された。

1998/01/09

RC5-64 消化:0.30%、平均キーδ個ート:11.3Gk/s、全解読予想期間:50.6年

1998/01/13

DES-II-1コδ督テストがスタート。渉可のDES/RC5デδアδ仰コアを搭載したクδ可イアδ督トが利用可能に。

1998/02/15

DES-II-1は65%を消化、ブδ債ックの再配布が始まっている。 'State of the Net'が英語・ドイツ語・ポδ仰トガδ仰語・スペイδ督語・フδ可δ督ス語で発表され、 distributed.net渉可のオフィシδδδ仰な各債堕語対可楪となった。

1998/02/23 - DES-II-1コδ督テスト終了

DES-II-1陥猟篠。消化:88.4%、キーδ個ート:28.1Gk/s。

1998/03/05

29δ鳴債堕・29人のdistributed.net各債堕語サポート担督鳴が誕生。

1998/03/05

RC5-64 消化:0.50%、平均キーδ個ート:11.7Gk/s、全解読予想期間:49.9年

1998/05/19

RC5-64 消化:1.00%、平均キーδ個ート:17.0Gk/s、全解読予想期間:34.1年

1998/06/08

RC5-64 キーδ個ートが20Gk/sを突破。消化:1.18%、全解読予想期間:29.5年

1998/06/15

DESコアの向上を図るクδ可イアδ督トがリδ環ースされた。 この「S-BOXプδ債ジェクト」は現在のdistributed.netでは使用されていないが、 クδ可イアδ督トの速度を分散渉按猟敖によって向上させる最渉可の篠篠みであった。

1998/06/27

DES-II-2に向け、待望の2.71クδ可イアδ督トがリδ環ースされた。 これには、より債つ速なDESコアとコδ督テスト切替機能が搭載されている。

1998/07/10

RC5-64の消化ブδ債ック青板が10億を突破。

1998/07/11

新しい鍵マスタがオδ督δ可イδ督になった。マシδ督のスペックは、 K6-300、128MB SDRAM、4.5GB UWSCSI、1.2 GB USCSI、6.4GB IDEで、 OSはFreeBSD 2.2.6-STABLE。このマシδ督はトδ可ブδ仰なく順調に立ち上がり、 200日近くの間、再起動や故障もなく動作し続けた。

1998/07/14

StatsboxIIもNuggetの努力によって最渉可の光を見た。スペックはPII-300、12+G SCSI。

1998/07/13

DES-II-2コδ督テスト開始。

1998/07/17

DES-II-2コδ督テスト終了。しかし正解鍵を発見したのは、 Electronic Frontier Foundationが250,000ドδ仰を費やして作成したカスタδマシδ督であった。

1998/07/29

新しいδ債ゴの採用を計画、δ債ゴデザイδ督コδ督テストを開始。

1998/08/03

RC5-64 キーδ個ートが30Gk/sを突破。消化:1.78%、全解読予想期間:18.5年

1998/08/18

eyegiveから最渉可の小切手が届く。 4,271.06ドδ仰だ。Build .418クδ可イアδ督トがリδ環ース。

1998/08/19

RC5-64 消化:2.03%、平均キーδ個ート:30.6Gk/s、全解読予想期間:18.77年

1998/09/09

カスタδHTTPキδδッシδを搭載したStatsが初めて稼動、δ個スポδ督スに絶大な威力を発揮。 後にBovineOneは'cowcache'としてApacheδつジδーδ仰になった。 鍵マスタは既にT1回線(1.544 Mbps)よりも広い帯域閉敖を使用するに篠環っている。

1998/09/14

篠淞のコδ督テストはOGRであること、δ債ゴデザイδ督コδ督テストの優渉淞はRayden242であることをアナウδ督ス。

1998/10/14

消化ブδ債ック青板が20億を突破。

1998/10/19

RC5-64 消化:3.01%、平均キーδ個ート:40.5Gk/s、全解読予想期間:14.05年

1998/11/17

IRSにより公式に501(c)3に基づき非課税となることが承認される。

1998/11/30

RC5-64 キーδ個ートが50Gk/sを突破。消化:3.87%、全解読予想期間:11.08年

1998/12/22

消化ブδ債ック青板が30億を突破。

1999/01/03

DES-IIIに向け、最渉可のテストコδ督テストが開始。 これはコδ督テスト自動債つ速切替機能つきクδ可イアδ督トのチェックを行う最渉可の大規模なテストで、個仰果は「大成功」だった。 その後、1個12日にも2回目のテストが行われた。

1999/01/08

鍵マスタは半年間ノδ督ストップで稼動してきた。 しかし、1GBにも及ぶ鍵ログ用に9GB UWSCSIと128MB SDRAMを追加するため一篠楪停止させた。

1999/01/18

RSA主催DESチδδδ個δ督ジIIIがスタート。

1999/01/19

distributed.netと[distributed.net History & Timeline EFF]はDES-IIIチδδδ個δ督ジに成功、 記録は22篠楪間15分4秒であった。

1999/01/23

RC5-64 消化:5.01%、平均キーδ個ート:50.2Gk/s、全解読予想期間:11.09年

1999/02/15

Pentium200マシδ督で1年間稼動した「Statsbox I」が、ついに引退する。

1999/03/23

我々の[distributed.net History & Timeline バグ追跡機構]が、 MozillaのBugzilla bug tracker をベースに完成。

1999/04/15

消化ブδ債ック青板が50億を突破。

1999/04/15

Adam BebergがCosm で働くため 代表を辞任する

1999/07/06

RC5-64 消化:10.03%、平均キーδ個ート:73.92Gk/s、全解読予想期間:7.13年 Team Earth Rocket (#98)の好意により、 10%目のブδ債ックを送信したという幸運な参加者に オマハ・ステーキが贈られた。 我々の環按動目的が制定された。

1999/08/13

DCTIスタッフの渉可会合が 突然行われた。詳細はこちら

1999/09/27

RC5-64のキーδ個ートが100Gk/sを突破。消化:13.20%、全解読予想期間:4.93年

1999/10/27

消化ブδ債ック青板が100億を突破。

1999/11/17

CSCコδ督テストへの挑戦が開始された。渉可日は382650ブδ債ック、鍵空間全体の0.14%を消化し、キーδ個ートは1.2Gk/sだった。

1999/11/27

CSC キーδ個ートが10Gk/sを突破。消化:9.75%、全解読予想期間:75日

1999/12/05

CSC 消化:21.53%、平均キーδ個ート:12.8Gk/s、全解読予想期間:51日

2000/01/15

CSCコδ督テスト終了。

2000/02/15

OGR-24コδ督テスト開始、しかし予期せぬ問題が発生し、後に陳断となる。

2000/05/28

RC5-64、鍵空間消化25%達成!

2000/07/13

OGR-24が正式に再スタート!

2000/08/01

OGR-24の1パス目が完了、OGR-25スタブの配布を開始する。 OGR-24の2パス目(個淞証パス)は、OGR-25の1パス目と平行して徐々に行われる。

陳 「キーδ個ート」とだけあるものは一日のキーδ個ート、 「平均キーδ個ート」は1週間の平均キーδ個ートを表す。