Projects

From distributed.net
Jump to: navigation, search

ロジェクト

RC5-72:

首尾よく完了されてRC5-56 とRC5-64 後, 私達はこの暗号化のアルゴリズムの72 ビット変形に今取込んだ! より多くの情報は RC5 プロジェクトのページで利用できる

24マーク 最短ゴロム定規 (OGR)

 ゴロム定規(Golomb Ruler)とは、数学用語でいうと「2組の数字の差が同一であることはない」正の整数の集合を表します。この集合を定規に見立て考えれば、「2組のマーク間の距離が同一であることはない」という感じになります。最短ゴロム定規(Optimal Golomb Ruler = OGR)は実世界において色々な分野で活用されていますが、詳細は[OGR | OGRのページ ]]をご覧ください。我々は現在、毎秒xxxx ギガ ノードをチェックしています。

検討中のプロジェクト

RSA の主な考慮

すぐに主な要因に大きい合成数を考慮する無力は多くの暗号システムの根本的な仮定の1 つである。引き続いてより大きい数を考慮するために増加する入賞した量とのそれぞれ , RSA の実験室は一連の挑戦を後援している。

メルセンヌ素数探索:

 大きな素数です。現在のインターネットメルセンヌ素数探索(GIMPS) は、電子メールのみでやり取りしていた頃に比べ、格段に良いシステムになっています。また、「最大の素数」というものは存在しないので、ずっと継続できるデフォルトのプロジェクトとして採用を検討中です。

フェルマー自然数

 こちらをご覧下さい

楕円暗号 (ECC)

 これも暗号鍵に関するチャレンジ です。

終了したプロジェクト

RC5-64:

RC5-64 プロジェクトは7 月14 日, 2002 年に終わった発表がそれにキー0x63DE7DC154F4D039 を作られた"The unknown message is: Some things are better left unread" 見つけられた残ている。

CS暗号チャレンジ:

  CS暗号チャレンジ は、 CS Communications & Systems社が2000年3月17日までの1年間を期限に開催した暗号鍵解読コンテストです。distributed.netでは、鍵空間の約98%を2ヶ月かけてテストし、2000年1月16日に見事正解鍵を発見、暗号化されたテキストの平文化に成功しました! これも56ビットの暗号鍵がいかに総当り解析に弱いかを証明するために行われました。

DES-III:

 このプロジェクトは1999年1月13日9:00(PST)に始まり、DES-II-2を解読したEFF「Deep Crack」の手助けも受けながら、見事22.5時間後に解読成功、10,000ドルを手にしました。詳しいことは DES-IIIのページ をご覧ください。

DES II-2:

 DES-II-2も制限時間付きのチャレンジでした。しかし、自作の専用ハードウェアを用いたElectronic Frontier Foundation より先に正解鍵を発見することはできませんでした。現れたメッセージは「It's time for those 128-, 192-, and 256-bit keys」(128、192、いや256ビットの鍵を使うべきだ)でした。

DES II-1:

 DES II-1は解読までの時間によってRSA研究所から出る賞金が変わるチャレンジで、1998年1月13日から始まり、2月24日に見事成功しました。正解鍵は「76 9E 8C D9 F2 2F 5D EA」、それによって現れたメッセージは「The unknown message is: Many hands make light work.」(大勢の手によって素晴らしい仕事がなされた)でした。

RC5-56:

 RC5-56は1997年10月22日に終了しました。正解鍵は「0x532B744CC20999」、それによって現れた文章は「The unknown message is: It's time to move to a longer key length」(より長い暗号鍵に移行する時が来た)でした。