の公式方針

From distributed.net
Jump to: navigation, search

クライアントの使用

distributed.netは、どのようなコンピューターシステムにおいても、 distributed.netソフトウェアの非認可使用を許可しておりません。システムの持ち主・あるいは持ち主の許可なくdistributed.netのソフトウェアを使用することは禁止されています。許可を得ていないマシン上でクライアントを実行させていた場合、あなたの処理結果はプロジェクトから取り除かれ、賞を受ける資格も失います。

クライアントの使用・ブロックの提出に際しては、distributed.netにメールアドレスが登録され、それによって結果が統計ページに載ることとなります。distributed.netは、ユーザーに無断で他の様式によるアドレスの公開はいたしません。

受賞権利

DCTI のスタッフ*には、distributed.net または DCTIが提供する賞金を受け取る資格はありません。 DCTI のスタッフがコンテストで優勝した場合、賞金はスタッフではない次点の人物に贈られることになります。その人がチームに所属していた場合、そのチームはコンテストでの成績に応じた割合の賞金を受け取ることになります。

DCTIのスタッフがチームにいても、そのチームが賞金を受け取る権利を失ったわけではありませんが、そのスタッフの分の金額は失うことになります。

上記の特別な項目以外に、distributed.netの参加者は、他の参加者と同等に優勝する権利があります。それは、どれだけのブロックを消化したかによります。個人の優勝する可能性は、現在のdistributed.net全体キーレートに基づいて、日ごとに変わります。宝くじで当たる確率が、くじの売れ行きによって決まるように、参加者がキーを見つける確率は、他の参加者の数によります。

*注:この場合、DCTIスタッフとは、コード管理者・ポーター・プロキシ/ネットワークオペレーター、また一般の管理スタッフを指します。しかし、私たちのネットワーク管理のためにハードウェアや回線を提供している者は、上記のカテゴリーに含まれない限りはDCTIスタッフと定義されません。

プロジェクト統計情報

統計情報サーバ(Stats)の機能についての新しい提案は歓迎しますが、いくつかできないことがあります。あるチーム分のブロックを別のチームへ転送することはできません。あるメールアドレスから送信された全てのブロックがチームのブロックとしてカウントされているわけではありません。最後に、意図的に参加者のメールアドレスを無断で公開するということはありませんが、参加者のメールアドレスがどこにも流れないという保証はできません。ただし、自分のメールアドレスを統計サーバ上に表示させるか否かを選択することはできます。この「List Mode」機能に関する詳細は統計サーバに関するチュートリアルをご覧下さい。

IRCチャンネルの使用

IRCチャンネルは、distributed.netの参加者が集まり、 distributed.netや分散コンピューティングまたはテクノロジー一般について討論できる場所になっています。基本的にチャンネルでの討論は制限しておりませんが、他のユーザーへの誹謗・中傷などがあったり、 distributed.net側が好ましくないものであると判断した場合、活動・討論を中止させていただく場合があります。これは、たとえば、カラーコードの使用・スパム行為・洪水のような連続発言・離席メッセージ・ナンパ・不適切な言葉の使用を含みます。チャンネルにおいて離席メッセージあるいはスパム行為を行っている参加者は、自動的に排除されます。他の参加者のことを考えて行動してください。

一方的な広告やアナウンス

チームの、あるいはdistributed.netのための「スパム行為」を禁止します。 distributed.netに関する大量の広告を、無関係なニューズレターなどに投稿することは好ましくありません。 distributed.netに興味を示していない人物に広告のメールを送るのはやめましょう。

Statsデータベースよりメールアドレスを取り出し、自チームへの勧誘メールを出すことは、無駄なことです。

このような行為は、わたしたち全員の体面を悪くします。

Stats上での表示

Statsデータベース上のあらゆる情報を編集する権利は、distributed.netに帰属します。言葉の暴力・わいせつ画像・過大な文字などは、リサイズあるいは削除されます。

悪用の報告 (Reporting Abuse)

悪用に関する報告は abuse@distributed.net宛にお願いします。